障がいのある人のWeb利用について

腕を動かせない人は、どのようにWebサイトを利用しているの?
目がよく見えない、全く見えない人は?
聴覚や理解が困難な人、その他の障がいのある人どうでているの?

このページでは、高齢者を含む障がいのある人がどのようにWebを利用しているかを紹介しています。

Webアプリケーション開発者やWebデザイナーなどが、アクセシブルなWebを作成するために必要なWebアクセシビリティの原則を理解するのに役立ちます。

引用:Stories of Web Users

反復性ストレス障害の記者-アレックス

Table of Contents

アレックスは20年以上も記者として働いていますが、長時間マウスを使ったりタイプしたりすると痛みを伴う反復運動過多損傷を発症しました。

この病気を知り、理解し、改善するために追求、時間、努力がかなり必要でしたが、次のような作業環境変えることで、苦痛の少ない作業が可能になりました。

  • 人間工学に基づいたキーボードの使用
  • マウスを使わずにキーボードコマンドで操作
  • コンピュータと携帯電話の音声認識ソフト
  • 携帯電話のアシストタッチ

アレックスは、Webサイトやオンラインコンテンツをキーボード操作だけでは操作できないという問題に直面ます。また、キーボード操作だけで完結しないWebフォームにも頻繁に遭遇します。さらい、多くのキーボードコマンドを使用しないと、コンテンツをスキップしたり、Webページ上のセクション間を移動できない、しにくいという場面もあります。これは非常に疲れ、快適に作業できる時間が限られます。

しかし最近では、携帯電話のアシストタッチの使用を検討し始め、少ないジェスチャーで長時間の作業ができるようになりました。(参考:iPhoneでAssistiveTouchを使用する

アレックスの雇用主は、社内のコンテンツ管理システムの操作性向上のため、キーボード・サポートを改善する作業を行っており、次のリリースですべてのユーザーのために改良されたキーボード・サポートを実装する予定です。

google 広告