建築物と道路の関係

建築物の敷地は、「道路(自動車専用道路を除く)に2メートル以上接しなければならない」(建築基準法第43条第1項)。

言い換えれば、道路を横に見て、敷地とくっついていないといけないよ。その密着度は2m以上だよ、

ということです。

さらに、ここでいう「道路」とは、建築基準法の道路を指します。

建築基準法の道路が9種類にも分類されているものだから、またまたこのときはこうしなさい、ああしなさいと細かい制約が出てきます。

建築基準法の道路

道路の種類 内容
第42条第1項第1号 道路法による道路。国道、道道及び札幌市道(高速自動車国道を除く)のうち、幅員4m以上のもの。※第44条では、高速自動車国道も法上の道路としての規定が適用される。
第42条第1項第2号 都市計画法、土地区画整理法等により整備された道路のうち、幅員4m以上のもの。
第42条第1項第3号 基準時に現に存在していた道のうち、幅員4m以上のもの。
第42条第1項第4号 道路法、都市計画法等により、拡幅等の事業の予定のある道路で、札幌市が指定したもののうち、幅員4m以上のもの。主に都市計画道路や土地区画整理事業区域内の道路。
第42条第1項第5号 建築物を建てることを目的に土地所有者等が築造し、札幌市から位置の指定を受けた道路のうち、幅員4m以上のもの。
第42条第2項 基準時において、現に建築物が立ち並んでいる幅員4m未満の道のうち、札幌市が指定した道路。道の中心線から両側に2mずつ後退した線を道路境界線とみなす。ただし、一方にがけ地等があり、中心線から両側に水平距離を2mずつ確保できない場合は、がけ地等から4mの線を道路境界線とみなす。※第42条2項みなし道路建築基準法制定(昭和25年)以前に位置の指定を受けた道路のうち、幅員4m未満のもので、「北海道告示第361号(昭和26年4月26日)」に基づくもの。道路の種類は、2項道路として扱い、道の中心線から両側に2m後退した線を道路境界線とみなす。
第42条第3項 土地の状況によりやむを得ない場合に、札幌市が指定した道路。幅員は、中心線から2m未満1.35m以上の範囲内、または、がけ地等の場合はその境界線から4m未満2.7m以上の範囲内のもの。
第42条第4項 特定行政庁が次に該当すると認めて指定したものは、幅員6m未満でも1項道路とみなす。①周囲の状況により避難・通行の安全上支障がないと認められた幅員4m以上の道 ②地区計画などに適合している幅員4m以上の道 ③6m区域指定時に現に存する幅員6m未満の道
第42条第5項 6m区域指定時に現に存していた道で、特定行政庁が指定したもので幅員4m未満のものは、道路中心線より2m後退した線をもって4mの道路とみなす。

都市計画区域、準都市計画区域内では、敷地が接する道路は原則として幅員4m以上のものではければならない。

絵にするとこんな感じ。

POINT:道路内に建築物を設けることはできない

窓とか、門とか、塀とか、道路に作っちゃダメ。

しかーし!

基礎など地盤面下の建築物、公衆便所、巡査派出所など、特定行政庁が許可したものはOK。

札幌市地図情報サービス

またまたココで説明した「札幌市地図情報サービス」でも少しだけ、確認することができる。

道路カテゴリ > 都市計画道路 をクリックすると表示されます。

(2)道路に関する台帳を閲覧及び取得する
道路に関する台帳は、下記の所管課で確認してください。
第42条第1項第5号、第42条第2項及び第42条第3項については、「札幌市地図情報サービス」で指定道路調書を閲覧及び取得することができます。札幌市地図情報サービスは、年4回更新予定です。札幌市地図情報サービスに表示されていない指定道路調書については、「建築基準法の道路(最新情報)」のページをご確認ください。


札幌市の公式HP > 観光・産業・ビジネス > 建築・測量・道路 > 建築物・建築確認 > 敷地にかかる制限 > 建築基準法の道路 より抜粋

http://www.city.sapporo.jp/toshi/k-shido/douro/douro-top.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です