3Dアーキデザイナー

Sex and the CITY・セックスアンドザシティの部屋

前回のシャーロックに引き続き、今回もテレビドラマの部屋を再現してみました。

セックスアンドザ・シティは、1998年~2004年全6シーズンのアメリカの連続テレビドラマです。

ドラマの評判はすさまじく、瞬く間に日本でも人気になりましたが、実は、観ていません。いつか観ようと思いつつ、なんとなく好みに合わなくて。。。

しかしドラマ内で取り入れられた衣装や部屋はスタイリッシュかつ洗練されていて、使いやすそうな間取りだったため、参考に作ってみました。

間取りはこちら。当然アメリカなので相変わらず「玄関」という概念がありません。そこで玄関を作成し、トイレはお風呂と別だよね~と考えたので、本物と違います。

また、各部屋の大きさも違います。

玄関を開けたところ
玄関から入って真っすぐ先にあるリビング。
リビング手前のキッチン。食器棚と料理の待ち時間を有効活用できるように机を配置。
寝室
寝室から見たリビング
洗面所

自分は帰国子女でもなんでもないですが、お風呂とトイレ、洗面所の一体型タイプは全く気にならない人です。

最近は当たり前のように海外に行く人も増えているため、合理的で効率的なアメリカの間取りを採用すると部屋を広く使えるため、年々増えていってますよね。

事実、お風呂や洗面所にいる時間よりも圧倒的にリビングにいる時間が多いので、人生で一番長く過ごす空間に力を入れたいです。

もちろん、予算があればバスルームにも力を入れたいですが。。。