面積

4つの面積

建築業界では、一般的に「面積」といっても、建築面積面積延べ面積構造面積と大きく4つの定義があるので、4つの面積は必ず覚えておきます。

  1. 建築面積
    • 建築物が敷地を覆う部分の面積
  2. 床面積
    • 内部空間の面積
  3. 延面積
    • 建築物の各階の床面積
  4. 構造面積
    • 水平投影面積

面積を計算する中心線

面積を算出するときの区画の取り方は、各建物の構造によって決まります。

  1. 木造建築物
    1. 軸組工法・・・柱の中心線
    2. 枠組み壁工法・・・枠組材の中心線
    3. 丸太組工法・・・丸太材の中心線
  2. RC・PCa
    1. 一般・・・内装材、外装材含む中心線
    2. コンクリート打放し・・・躯体部分の中心線
    3. 断熱層・・・躯体部分の中心線
  3. S造
    1. 金属板、石綿など薄い材料を張った場合・・・胴縁の中心線
    2. 上記以外・・・外壁・ALC板の中心線