建築基準法

札幌市の地図情報サービス

お住まいの地区の土地を購入し、家を建てる!と決めたとき、注意するのが「用途地域」。

賃貸の家を探したり、土地を探したり、不動産屋さんの前を通ったときに何となく目にしているコレです。

日本は、美しい街を作ろう!という「都市計画」に沿って、建物を建てています。

ここにはは工業地帯、ここは住居と学校ね、あっちはオフィス街だよーなど。

したがい、土地を購入しても、いきなりここに「事務所をつくるぞ!!」などできないようになっています。

そこで必要な情報が「用途地域」です。

地図情報サービスの使い方

試しに自分の居場所の用途地域はなんだろう?と思い、調べてみると、札幌市はとても便利なサービスを提供していました。

札幌市地図情報サービス

画面右側の用途地域などをクリック

画面左側の住所をクリック

自分の住所のを選択

適当に東区>北4条>10丁目 をクリックすると準工業地域なのだとわかりました。

現在地を主体に、ハザードマップを確認することもできます。

現在地のテーマの変更

  1. テーマ変更をクリック
  2. 震度 など、確認したいテーマを選択
  3. 色分けの凡例を確認するには、画面の左側に表示されています

こんな便利なWEBサービスがあったとは知りませんでした。

詳しい使い方マニュアルはこちらです。

とても便利な機能

不動産、建築業界にいる方々なら「スバラシイ!」と思える機能をご紹介します。

このスポットの情報を知りたい!という箇所で、普通にマウスを左クリック。

クリックした箇所の情報が一覧で表示されます。すごいなー。。。

関連記事
On Trend

Most Popular Stories

容積率

容積率とは、建ぺい率が平面的な広さを制限するもので、容積率が「敷地面積に対する3次元空間の割合」を算出し、制限するための基準になります。また、この容積率には、敷地面積に対する建築延べ面積(延べ床)の割合のこと(建築基準法第52条)。 指定容積率と基準容積率の2つがあります。購入した土地の容積率は何パーセント?と思ったときは、下図を参考に考えます。実はこの容積率には複雑な緩和処置があり、それが「容積率」というものを複雑にしています。まずは簡単な概要を説明いたします。

建築面積の出し方ルール

建築面積の出し方にも細かなルールがありますが、ここではよくある質問の、駐車場は?ポーチは?に絞って説明いたします。

面積

建築業界では、一般的に「面積」といっても、建築面積、床面積、延べ面積、構造面積と大きく4つの定義があるので、4つの面積は必ず覚えておきます。

建蔽率(けんぺいりつ)

建ぺい率とは、建築敷地面積に対する建築面積の割合のことをいいます。建ぺい率を調べたいときは、いつもおすすめの札幌市の地図情報サービスが便利。でもここでは、①なぜ、建ぺい率というものが必要なのか、②建ぺい率の求め方を説明いたします。

道路種別

建築基準法第43条に沿って、建築物と道路の関係を図説します。

用途制限

用途地域内の建築物の用途制限。建築基準法別表第二より。