障がいのある人のWeb利用について

腕を動かせない人は、どのようにWebサイトを利用しているの?
目がよく見えない、全く見えない人は?
聴覚や理解が困難な人、その他の障がいのある人どうでているの?

このページでは、高齢者を含む障がいのある人がどのようにWebを利用しているかを紹介しています。

Webアプリケーション開発者やWebデザイナーなどが、アクセシブルなWebを作成するために必要なWebアクセシビリティの原則を理解するのに役立ちます。

引用:Stories of Web Users

ストーリーズ

目と耳が不自由な10代のカシーム

カシームは10代の聴覚障害があり、最近は目も不自由になりました。今は画面の一部しか見えず、文字はかなり拡大しないと読めないという状態です。 カシームが使っているもの: Webサイトの文字を、適切な大きさに拡大する画面拡大

続きを読む »
ストーリーズ

盲目のシニアスタッフ、イリヤ

イリヤは目が見えません。彼女は、オンライン上の文書やフォームでやりとりする保険会社の会計主任で、他の多くの目の不自由な人と同様に、点字を読むことができません。 イリヤは

続きを読む »
ストーリーズ

聴覚障害を持つオンライン学生-マルティーヌ

マルティーヌは62歳で、生まれたときから耳が不自由でした。少しの音は聞こえますが、言葉を理解することができません。子供の頃に手話を学び、学校に通うようになってからは筆談を学びました。現在、彼女は学生に戻り、大学のオンライ

続きを読む »
ストーリーズ

反復性ストレス障害の記者-アレックス

アレックスは20年以上も記者として働いていますが、長時間マウスを使ったりタイプしたりすると痛みを伴う反復運動過多損傷を発症しました。 この病気を知り、理解し、改善するために追求、時間、努力がかなり必要でしたが、次のような

続きを読む »
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on whatsapp

Most Popular:

google 広告
google 広告