壁厚変更

鉄筋コンクリート住宅の場合、外壁と内壁の壁の厚さが違う場合が多いと思います。

木造住宅でも、壁に厚みを持たせて家を支える設計があります。

均一ではない壁の厚さを自由に変更できる機能を説明します。

  1. 壁編集・柱・梁メニューをクリック
  2. 壁厚変更をクリック
  3. 今回は、家の中心の壁を厚くします。のところをクリック
  1. 壁厚のプロパティ画面が出てきました。壁の左側がAとなっています。
    このソフトでは、壁の両側を違う厚みで設定ができます。とても優秀です!
  2. 合計で220mmの厚さで、均等の厚みにしたいため、AとBの壁厚に110と入力
  3. OKをクリック

図を見ると、他の壁より少し厚みが出ました。

立体化では判断しにくいため、外周一括機能を使い、壁厚を220mmの厚さに変えた断面図をご覧ください。

家全体の壁厚を90cmに、家の外周は220mmに設定した、断面図です。

きちんと壁が厚くなっています。

この機能はとてもありがたいのですが、壁厚をAとB均等だったら問題ないのですが、両方の厚みを変えるとバグが発生します。

  • 壁厚変更後、壁を移動するとグリッドに合わなくなってしまう。
  • 壁厚のAとBの数値がいつの間にか均等に戻っている
  • 壁厚変更を1回しかしていないのに、複数の壁が図面に残り、何回も削除をしないと戻の壁厚が出てこない

これらのバグを改善して欲しいのですが、メーカーさんに問合せすると、
「問題の起きている図面を送ってください」
と言われます。

もっともですが、もっともなんですが。。。ちょっと面倒で。。。

いつの日か改善されることを祈っています!