容積率

容積率とは、建ぺい率が平面的な広さを制限するもので、容積率が「敷地面積に対する3次元空間の割合」を算出し、制限するための基準になります。

また、この容積率には、敷地面積に対する建築延べ面積(延べ床)の割合のこと(建築基準法第52条)。 指定容積率と基準容積率の2つがあります。

購入した土地の容積率は何パーセント?と思ったときは、下図を参考に考えます。

実はこの容積率には複雑な緩和処置があり、それが「容積率」というものを複雑にしています。

まずは簡単な概要を説明いたします。

 

加重平均

例えば、商業地域にお店を建てよう!と思ったときは、上記の方法でよいのですが、商業地域と準住居地域にまたがった、2つの地域が存在する土地を購入した時どうなるのか?

これが加重平均を使って容積率を求めることになります。

でもとっても難しいので、今は説明を省きますが、今すぐ知りたい方はこちらのサイトがとても分かりやすい説明をしてくださっているので、ぜひご訪問してみてください。