前回の検証の結果、Localをインストールすことに。
さっそくインストールし、サイトを構築しようとしたらエラーが!
インストール自体には問題なかったので、過去にVirtualBoxをインストールしていた経験から、念のため、Localをアンインストール。

前回の検証の結果、Localをインストールすことに。
早速インストールし、サイトを構築しようとしたらエラーが!

インストール自体には問題なかったので、過去にVirtualBoxをインストールしていた経験から、念のため、Localをアンインストール。

Windows10標準の「アプリ」からでは正常にアンインストールできないことが
しばしばあったので、昔ながらの「コンパネ」→「プログラムと機能」からアンインストール。

余談だが、コンパネ探すのに面倒くさいので、いつもコルタナで”コント”と検索し、コントロールパネルを出す。

便利なんだか不便なんだか。。。

で、2回目はWordPressの新規サイトを立ち上げることに成功!
便利~。

Blueprints

Flywheelの初期設定時、オプションに「Blueprints」とあったので調べることに。

最初からショッピングサイト、コーポレートサイト、工事中など決まった形の開発をするときに、予め「Blueprint」として登録しておけば、面倒な初期設定を省く頃ができるようです。

それには、

  • 事前にFlywheelにアカウントを作成する
  • 本人確認をする
  • ローカルの環境とFlywheelダッシュボード上でデータの同期ができ、連携できるらしい
※本人確認をするときに、スマホにショートコードが送られてくるんですが、怖くてできなくて、その先に進めずにいます。。。

特にWordPressでお仕事をしていないので、無料版で遊ぶことにしました!

カテゴリー: WordPress

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です