画面の拡大方法

マウスホイールでも画面の拡大縮小はできます。

ただし、細かな図面を書いていると、一部のみ大きくしたり小さくしたり、
頻繁に操作をすることがあります。

その時にマウスホイールで拡大縮小していると、目的の部分から画面が離れて行ったりします。

そのためにも、この画面拡大方法を覚えておくことをお勧めします。

画面拡大(ZOOM)

作図ウインドウのやや中央に、小さな字が見えるでしょうか。

これを大きくし、何と書いてあるのかすぐに確認したい、ということが多々あります。

その方法を次で説明します。

今回は、小さな字だけじゃなく、赤枠で囲ったあたりを大きく表示してみます。

赤枠で囲った場所の左上を先頭に、②に向かって両ボタンでドラッグします。

すると大きくなったことがわかります。

マウスの左クリックしながらドラッグするなどの操作は、
今までにも経験があったと思います。

しかしJW-CADでは両ボタンクリックをよく使います。

最初は使い慣れないかもしれませんが、数回繰り返していくうちに、
問題なく使えていくので安心してください。

画面内で移動

先ほどの続きで、今は「小さい字」がはっきりと読めていると思いますが、
この絵の右側に、円があったの覚えているでしょうか。

この円のあたりに画面を移動する方法をご紹介します。

画面を右側に移動したい、とします。

下図のように、赤丸あたりをマウスの両ボタンクリックします。

すると、隠れていた円が表示されたでしょうか。

もう少し右をまた両ボタンクリックすると、円が完全に表示されたと思います。

これが画面移動です。

画面内の図形を縮小する

先ほどは画面の移動方法を紹介しました。

今度は一度見たい部分を拡大し、元の縮尺に近づける方法です。

画面の拡大とは逆で、画面右下を左ボタンクリックします。

そして左上に照準を合わせ、マウスの両ボタンをドラッグさせます。

これで、全ての絵が見える状態に縮小されました。