jw_cad

平米・帖・坪計算

建築の仕事をしていると、平米(㎡)から坪に変換したり、
6帖の部屋を平米(㎡)になおしたり、しょっちゅう変換します。

自分は計算式をなかなか覚えれないので、計算チートのようなものを
作って机のそばに張り付けています。

皆さんの参考になるかもしれない、と思い、公開します。

どんなときに使うの?

cadで平面図を書いているとき、部屋の面積を出します。
そしてこの部屋は、「◎◎帖」と記載するときに、上の図を見ながら計算します。

洋室の面積が 9.9174㎡ の場合、

9.9174㎡ ÷ 1.65 = 6.010545454545455 = 6帖

となります。

畳と帖

じつはこれ、どちらも同じです。

昔は畳が多かったことから、部屋の広さを表現するのに「」を使っていました。

最近は洋室が多く、畳が使われなくなったことから「」と表現しているだけです。

全く関係ないですが、「」は屏風、幕、海苔(のり)を数えるときにも使う単位です。
海苔は10枚で1帖だとか。

坪の使い方

部屋の広さを表すときは、6帖、8帖といいますが、これをあえて1坪、2坪とはいいません。

坪は家全体の、大きさ、土地の大きさを表すときに使います。

165㎡の家は、約50坪です。

165㎡ × 0.3025 = 50坪

逆に、50坪が分かっていれば、

50坪 ÷ 0.3025 = ‭165.2892561983471‬ = 165㎡

となります。

1坪3.3㎡と暗記したほうが簡単な坪単位

部屋の大きさではなく、家全体、土地全体の大きさを数えるときは、
上の計算よりも、1坪3.3㎡で考えた方が簡単です。

165㎡ ÷ 3.3㎡ = 50坪

50坪 × 3.3㎡ = 165㎡

こんな感じで。
上のイラストは、平米数から部屋の広さ(◎◎帖)を出したいときに使うのが便利です。

関連記事
On Trend

Most Popular Stories

線分の中点・2等分線

二等分線(にとうぶんせん)とは、2次元の幾何学において、線分や角度を二等分する直線のことである。wikipediaより

寸法線の設定

寸法 → 設定 で開かれた寸法線の設定画面を少し詳しく解説していきます。 寸法線の端部はここで説明しましたので、寸法線の長さや、寸法線の基準線からの距離、寸法値の字の大きさ、色など細かく設定するのは、すべてこの設定で行い

実寸と図寸

線の属性、縮尺、文字の大きさを変更するとき、Jw_cadでは実寸固定、図寸固定という言葉が出てきます。 図面の縮尺に依存されない寸法を、図寸といいます。 実寸は、図面の縮尺によって寸法が変わります。

寸法線の実点が印刷されないとき

特に印刷設定を触らずに、寸法線の実点(黒い●ポチ)が印刷されないときは、設定画面の基本設定を確認します。 設定 をクリック 基本設定 をクリック 色・画面 タブを確認 下図のように、点半径が0.4mm以下の場合、印刷され

画面の説明

初めてJW-CADを立ち上げたとき、これからJW-CADをWEBや書籍から学ぶとき、画面構成を覚えておくと後から便利なので、この機会に覚えておくことをお勧めします。

平米・帖・坪計算

建築の仕事をしていると、平米(㎡)から坪に変換したり、6帖の部屋を平米(㎡)になおしたり、しょっちゅう変換します。 自分は計算式をなかなか覚えれないので、計算チートのようなものを作って机のそばに張り付けています。 皆さん