jw_cad

平米・帖・坪計算

建築の仕事をしていると、平米(㎡)から坪に変換したり、
6帖の部屋を平米(㎡)になおしたり、しょっちゅう変換します。

自分は計算式をなかなか覚えれないので、計算チートのようなものを
作って机のそばに張り付けています。

皆さんの参考になるかもしれない、と思い、公開します。

どんなときに使うの?

cadで平面図を書いているとき、部屋の面積を出します。
そしてこの部屋は、「◎◎帖」と記載するときに、上の図を見ながら計算します。

洋室の面積が 9.9174㎡ の場合、

9.9174㎡ ÷ 1.65 = 6.010545454545455 = 6帖

となります。

畳と帖

じつはこれ、どちらも同じです。

昔は畳が多かったことから、部屋の広さを表現するのに「」を使っていました。

最近は洋室が多く、畳が使われなくなったことから「」と表現しているだけです。

全く関係ないですが、「」は屏風、幕、海苔(のり)を数えるときにも使う単位です。
海苔は10枚で1帖だとか。

坪の使い方

部屋の広さを表すときは、6帖、8帖といいますが、これをあえて1坪、2坪とはいいません。

坪は家全体の、大きさ、土地の大きさを表すときに使います。

165㎡の家は、約50坪です。

165㎡ × 0.3025 = 50坪

逆に、50坪が分かっていれば、

50坪 ÷ 0.3025 = ‭165.2892561983471‬ = 165㎡

となります。

1坪3.3㎡と暗記したほうが簡単な坪単位

部屋の大きさではなく、家全体、土地全体の大きさを数えるときは、
上の計算よりも、1坪3.3㎡で考えた方が簡単です。

165㎡ ÷ 3.3㎡ = 50坪

50坪 × 3.3㎡ = 165㎡

こんな感じで。
上のイラストは、平米数から部屋の広さ(◎◎帖)を出したいときに使うのが便利です。

関連記事
On Trend

Most Popular Stories

外心・線鉛直角度

線鉛直角度(せんえんちょくかくど)とは、1 おもりをつけて垂らした糸が示す方向の直線。水平面と直角をなす直線。2 ある点から、ある直線に対して垂直に引いた線。垂直線。コトバンクより

正方形の真ん中に円を描く

四角形(矩形)を使って正方形を描いたり、円を描くことはすでにできると思います。しかし、正方形や長方形、三角形など、書いた図形の真ん中に、別の図形を描く方法、これは覚えておくと、cadの操作の中でとても便利な機能なので、ここでぜひ覚えてください。

横書き90度回転の文字(横書き垂直文字)

横書きの文字を、90度回転させ、縦書きもどきを作成する方法。 とても簡単です。 文字 をクリック 垂直・角度 のメニューにチェックを入れる 文字 を入力 ここでは「玄関」と入力します。入力したら、表示させたい位置へ移動し

縮尺の変更

1/100で書いていた1コの平面図を、2コに増やしたいとき、A4やA3サイズで平面図1Fのみ作成していたのに、2階建てにしたい!と要望を受けたとき、できれば1枚で納めたいものです。 そんなときは、書いていた図面の縮尺を1

マウスホィールで拡大

ここでマウス操作で図面の拡大方法を説明しました。 このほか、マウスのホィールを使って、図面の拡大・縮小をする方法を説明します。 ※デフォルト設定ではONになっています。 設定 をクリック 基本設定 をクリック 一般(2)

画面の説明

初めてJW-CADを立ち上げたとき、これからJW-CADをWEBや書籍から学ぶとき、画面構成を覚えておくと後から便利なので、この機会に覚えておくことをお勧めします。