jw_cad

環境の基本設定

初心者が始めてJW-CADをするときには、あまり難しい設定をするよりも、
最低限しておいた方が良い「設定」のみ、ここで説明します。

慣れてきたら、もしくは困ったときが起きたときにその都度基本設定を
修正していった方がスムーズだと思います。

基本設定-一般(1)

最初に、JW-CADの基本設定画面の出し方を説明します。

  1. 設定をクリック
  2. 一番上の基本設定をクリック

一般(1)タブを見てください。

そして以下の項目にチェックを付けるようにします。

  • クロックメニューを使用しない
  • 消去部分を再表示する
  • 用紙枠を表示する

クロックメニューを表示しない

JW-CADには、マウスドラッグをするだけでコマンドを実行できるクロックメニューというものがあります。

でも最初のうちは覚えなくてもいいと思います。

消去部分を再表示する

間違えた線を消去したとき、JW-CADではその下に重なっていた線も削除されます。

自分も最初のうちは、あれ?消していないのに消えている。。。という線がたくさんありました。

それを予防するためにも、消したい線だけが消えるようにこのチェックボックスはオンになっていることをお勧めします。

用紙枠を表示する

いざ図面を書こうとするときに、印刷設定でA4サイズにしていてもどこの範囲かわかりません。

そのために、ここにチェックを入れていると、用紙サイズがわかる赤い点線がつきます。

ポイント!このチェックボックスは割と重要です。

基本設定-一般(2)

ここでは、マウスホイールのマイナスの部分にチェックを入れます。

これで普段から使っているマウスホイールの奥と手前のスクロールで
画面の大小ができます。

これで初期設定は終了です。

OKをクリックします。

On Trend

Most Popular Stories

寸法線の実点が印刷されないとき

特に印刷設定を触らずに、寸法線の実点(黒い●ポチ)が印刷されないときは、設定画面の基本設定を確認します。 設定 をクリック 基本設定 をクリック 色・画面 タブを確認 下図のように、点半径が0.4mm以下の場合、印刷され

正方形の真ん中に円を描く

四角形(矩形)を使って正方形を描いたり、円を描くことはすでにできると思います。しかし、正方形や長方形、三角形など、書いた図形の真ん中に、別の図形を描く方法、これは覚えておくと、cadの操作の中でとても便利な機能なので、ここでぜひ覚えてください。

実寸と図寸

線の属性、縮尺、文字の大きさを変更するとき、Jw_cadでは実寸固定、図寸固定という言葉が出てきます。 図面の縮尺に依存されない寸法を、図寸といいます。 実寸は、図面の縮尺によって寸法が変わります。

線の太さ

建築の平面図を書くとき、躯体の線を太く、寸法線を細くなど、白黒印刷をしてもメリハリを強くするために、線の太さを変えます。 下図は、300dpiに対し、線の幅がデフォルト設定されている状態です。 線幅の「1」=1ドット 3

横書き90度回転の文字(横書き垂直文字)

横書きの文字を、90度回転させ、縦書きもどきを作成する方法。 とても簡単です。 文字 をクリック 垂直・角度 のメニューにチェックを入れる 文字 を入力 ここでは「玄関」と入力します。入力したら、表示させたい位置へ移動し

ファイルを開く

windows標準のエクスプローラーでファイルを開く方法。初期設定のままでは、jw_cad独自の画面になっているので、使い慣れた画面でファイルを開きたい人におすすめ。 設定 をクリック 基本設定 をクリック 一般(1)タ