jw_cad

円を4等分する

円を4等分する線分を引きます。

地味な操作ですが、覚えておくと便利なので説明します。

まずは円を作成してください。大きさや色は好きなもので構いません。
楕円でもOKです。

  1. をクリック
  2. 設定をクリック
  3. 円周1/4点取得をクリック
  4. 円の側の適当な場所をクリック

これで円の1/4の1つ目を設定完了。

円の左側に、4等分のうちの1つ目を設定できたので、対角の右側も設定します。

  1. このまま、メニューバーの設定をクリック
  2. 円周1/4点取得をクリック
  3. 円の側の適当な場所をクリック

これで1本目の、ちょうど1/2の線分が引けました。

同じように、縦の1/2の線分を引きます。

  1. 設定をクリック
  2. 円周1/4点取得をクリック
  3. 円の側の適当な場所をクリック

今度は円の下側にも、同じ操作をします。

  1. 設定をクリック
  2. 円周1/4点取得をクリック
  3. 円の側の適当な場所をクリック

これで完成。

楕円でも、同じ操作で円を4等分する線が引けます。

On Trend

Most Popular Stories

円を4等分する

円を4つ、均等に分けた線を引く方法。
2等分なら円の中心を通る直線を円周まで引くだけですが、4等分は、円の中心を通る直線とそれに垂直の直線をそれぞれ円周まで引きます。これをJW_cadがもともと持っている機能で引いてみます。

縮小印刷

A3サイズ、A2サイズで作成し、A4サイズでプリントする方法。 用紙を縮小して、自宅のA4サイズプリンタで出力できます。 JWWフォルダ内にもともと入っている「Aマンション25d.jww」を開きます。 ファイルを開くと、

線の太さ

建築の平面図を書くとき、躯体の線を太く、寸法線を細くなど、白黒印刷をしてもメリハリを強くするために、線の太さを変えます。 下図は、300dpiに対し、線の幅がデフォルト設定されている状態です。 線幅の「1」=1ドット 3

マウスホィールで拡大

ここでマウス操作で図面の拡大方法を説明しました。 このほか、マウスのホィールを使って、図面の拡大・縮小をする方法を説明します。 ※デフォルト設定ではONになっています。 設定 をクリック 基本設定 をクリック 一般(2)

寸法線の実点が印刷されないとき

特に印刷設定を触らずに、寸法線の実点(黒い●ポチ)が印刷されないときは、設定画面の基本設定を確認します。 設定 をクリック 基本設定 をクリック 色・画面 タブを確認 下図のように、点半径が0.4mm以下の場合、印刷され

画面の説明

初めてJW-CADを立ち上げたとき、これからJW-CADをWEBや書籍から学ぶとき、画面構成を覚えておくと後から便利なので、この機会に覚えておくことをお勧めします。