jw_cad

範囲(選択範囲)

JW_cadに関わらず、いろいろなソフトで対象範囲を選択するときは、
対象物の左上から右下へドラッグすると思います。

JW_cadも同じで、削除や移動、コピーしたいものを左上から右下へドラッグしますが、一部分を選択したり、文字を選択するときには少しやり方が違います。

ここでは文字の選択する方法は省き、文字以外のものを選択する方法をお伝えします。

 

文字の選択には、右クリックを使います。左クリックで開始→右クリックで文字を選択できます。
文字と図形が重なっているときに、左クリック開始→左クリック終了で範囲指定すると、文字はそのまま残ることになります。

対象物全てを範囲指定

上図の赤枠の変な図形を削除してみたいと思います。

  1. 範囲コマンドをクリック
  2. 対象物の左上をクリック
  3. 対象物を全部覆った形で右下に伸ばし、クリック
  1. 色が変わった箇所が、範囲指定されました
  2. 消去コマンドで図形を削除します

覆った図形がすべで消去されました。

次は密集した線の一部、図形の一部を削除する方法を説明します。

部分範囲指定

細かな図面を作成しているとき、消去コマンドを押し、マウスの右クリックでも1つずつ削除できます。

ただし、密集している、ある特定の部分を削除するにはこの方法が便利です。

  1. 範囲コマンドをクリック
  2. 上図を参考に、②の位置の左上を、クリック
  3. 上図を参考に、③の位置をダブルクリック

ダブルクリックした結果、上図のように、消去対象の線の色がかわったでしょうか。

これが消去予定の線になります。

消去コマンドをクリックすると、上図のように線の色が変わった部分だけ、削除されました。

覚える必要あるのか?と思われるかもしれませんが、
JW_cadでは、少しでも手作業の部分を少なくすることが時間短縮につながるので、
状況によって範囲指定の方法を変えるクセを身につけることをおすすめします。

On Trend

Most Popular Stories

用紙の印刷枠を表示する

作図画面に用紙枠を出す方法。 設定 をクリック 基本設定 をクリック 一般(1) タブの 「用紙枠を表示する」 をクリックし、OKをクリック

実寸と図寸

線の属性、縮尺、文字の大きさを変更するとき、Jw_cadでは実寸固定、図寸固定という言葉が出てきます。 図面の縮尺に依存されない寸法を、図寸といいます。 実寸は、図面の縮尺によって寸法が変わります。

用紙サイズをA3からA4へ縮小する

A3サイズで平面図を作っていたけど、思ったよりも図面が小さく出来上がった。A4サイズの用紙で図面を修正し、保存する方法。 用紙サイズを変更する前に、平面図左下の洋室の横の寸法を確認します。図面左側の1室分の寸法幅は、3,

斜線(斜め)に平行な文字を書く

家具などや図形など、垂直・180度ではなく、斜めに配置しているものに沿って文字を書く方法があります。 とても簡単です。 線角(せんかく) と、文字 を使います。 平面図を利用して、45度角においたテレビの図形に「テレビ」

用紙の尺度と変更方法

製図の規格では、A4やA3など、A列用紙を使うことが規定されています。一般的かどうか知りませんが、白銀比と言われているものです。※白銀比較=2つ折りにしても比率が変わらない以下の3つは製図の用紙サイズの基本です。JW_cadではA-0~A4を標準サイズという2Aは例外延長サイズそれ以外は規格外のサイズ用紙範囲を表す赤点線の枠がでても、無視して縦でも作図ができます!

範囲(選択範囲)

図形や文字の一部を選択して移動したり、削除したりすることが良くあります。この範囲の仕方にも、ちょっとしたコツがあります。このコツを覚え、使いこなすと作業が早くなっていくので、このワザも覚えておくことをお勧めします。