jw_cad

正六角形の作成方法

多角形コマンドでは、3つの方法で作成することができます。

しかし、一番簡単ですぐに作れる1つの方法のみ、ここでご紹介します。

まずは真っ白な図面に、補助線でも線コマンドでも、どちらでも構わないので、90度角の縦横の線を引いておきます。

補助線または線で90度角の線を描く

記号や図形を描くときには、ベースとなる線があると便利です。

自分はいつも補助線でベースの線を引きます。

補助線は、作成中は邪魔かもしれませんが、印刷されないというメリットがあります。

上のように、今回は補助線で90度角の線を引きました。

多角形コマンド

  1. 多角形をクリック
  2. 中心→頂点指定にチェック
  3. 寸法は適当に。今回は100と入力
  4. 角数8と入力
  5. 底辺角度90と入力

すると、画面左下には、中心点を指示してくださいというコマンドに変わりました。

中心点を設定

ここで、先に用意しておいた90度角の、縦横の線が活躍します。

丁度真ん中の中心点をクリックします。

これだけで完成です。

今回はきれいに見せるために、事前に補助線で中心点を作成しました。

フリーハンドのクリックでも、好きな位置に正六角形を作成することができます。

関連記事
On Trend

Most Popular Stories

環境の基本設定

初心者が始めてJW-CADをするときには、あまり難しい設定をするよりも、最低限しておいた方が良い「設定」のみ、ここで説明します。慣れてきたら、もしくは困ったときが起きたときにその都度基本設定を修正していった方がスムーズだと思います。

正六角形の作成方法

多角形コマンドで、正六角形を作成します。正六角形を作成できれば、正三角形、正五角形など、多角形を簡単に、すぐに作ることができます。

縮小印刷

A3サイズ、A2サイズで作成し、A4サイズでプリントする方法。 用紙を縮小して、自宅のA4サイズプリンタで出力できます。 JWWフォルダ内にもともと入っている「Aマンション25d.jww」を開きます。 ファイルを開くと、

平米・帖・坪計算

建築の仕事をしていると、平米(㎡)から坪に変換したり、6帖の部屋を平米(㎡)になおしたり、しょっちゅう変換します。 自分は計算式をなかなか覚えれないので、計算チートのようなものを作って机のそばに張り付けています。 皆さん

縦書き

縦書きの文字を書くこともできます。 とても簡単です。 文字 をクリック 垂直・角度 のメニューにチェックを入れる 縦字 のメニューにチェックを入れる 文字 を入力 ここでは「玄関」と入力 縦書きになりました

縮尺の変更

1/100で書いていた1コの平面図を、2コに増やしたいとき、A4やA3サイズで平面図1Fのみ作成していたのに、2階建てにしたい!と要望を受けたとき、できれば1枚で納めたいものです。 そんなときは、書いていた図面の縮尺を1