jw_cad

線の太さ

建築の平面図を書くとき、躯体の線を太く、寸法線を細くなど、
白黒印刷をしてもメリハリを強くするために、線の太さを変えます。

下図は、300dpiに対し、線の幅がデフォルト設定されている状態です。

  • 線幅の「1」=1ドット
  • 300dpi=300ドット
    ※DPI= dots per inch(ドット・パー・インチ)
    ※1インチ=(25.4mm)
  • 25.4/300=‭0.0846666666666667‬=0.085mm

つまり、線幅「1」は、0.085mm
「2」は0.17mm
「3」は0.255mm


このままでは、なれるまでに少し時間がかかりそう。。。と思ったらら、
線幅を「mm」で考えて設定ができます。

線幅を1/100mm単位とする にチェックを入れると、
線幅が下図に用に変わるので好きな太さの数字を入れることができます。

線幅 印刷時の幅
8 0.08mm
17 0.17mm
25 0.25mm
34 0.34mm
42 0.42mm
51 0.51mm
59 0.59mm
68 0.68mm

線幅0.68mmといってもピンとこない人のために、以下の表を作ってみました。
300DPIで印刷したときの、線の幅のイメージです。

On Trend

Most Popular Stories

用紙サイズをA3からA4へ縮小する

A3サイズで平面図を作っていたけど、思ったよりも図面が小さく出来上がった。A4サイズの用紙で図面を修正し、保存する方法。 用紙サイズを変更する前に、平面図左下の洋室の横の寸法を確認します。図面左側の1室分の寸法幅は、3,

縮小印刷

A3サイズ、A2サイズで作成し、A4サイズでプリントする方法。 用紙を縮小して、自宅のA4サイズプリンタで出力できます。 JWWフォルダ内にもともと入っている「Aマンション25d.jww」を開きます。 ファイルを開くと、

縮尺の変更

1/100で書いていた1コの平面図を、2コに増やしたいとき、A4やA3サイズで平面図1Fのみ作成していたのに、2階建てにしたい!と要望を受けたとき、できれば1枚で納めたいものです。 そんなときは、書いていた図面の縮尺を1

環境の基本設定

初心者が始めてJW-CADをするときには、あまり難しい設定をするよりも、最低限しておいた方が良い「設定」のみ、ここで説明します。慣れてきたら、もしくは困ったときが起きたときにその都度基本設定を修正していった方がスムーズだと思います。

正方形の真ん中に円を描く

四角形(矩形)を使って正方形を描いたり、円を描くことはすでにできると思います。しかし、正方形や長方形、三角形など、書いた図形の真ん中に、別の図形を描く方法、これは覚えておくと、cadの操作の中でとても便利な機能なので、ここでぜひ覚えてください。

寸法線の引き方

Jw_cadでは、寸法線の引き方は全部で4種類あります。下図の個所を押すと、アイコンの形が変わります。 - = =(1) =(2) 目次1 -の引き方について2 =の引き方について3 =(1)の引き方について4 =(2)