jw_cad

縮尺の変更

1/100で書いていた1コの平面図を、2コに増やしたいとき、
A4やA3サイズで平面図1Fのみ作成していたのに、2階建てにしたい!
と要望を受けたとき、できれば1枚で納めたいものです。

そんなときは、書いていた図面の縮尺を1/100 から 1/50、1/70など
小さくし、1階、2階の平面図を1枚の紙に納めます。

その一般的な方法を説明いたします。

実寸と図寸については、こちらのページで説明をしています。

実寸固定+文字サイズ変更

  1. 画面右下の、S=1/100をクリック
  1. 縮尺を入力します。今回は1/50にしたいので、「50」と入力します
  2. 縮尺変更時、どうするかをチェックします。実寸固定 にチェックをいれ、文字サイズ変更 にもチェックをいれます。

見た目には全く分かりません。
画面右下の縮尺が、1/100 → 1/50 になっていることを確認します。
さらに不安だったら、測定 メニューで寸法を確認します。
寸法値と測定値が同じだったら問題ありません。

実寸固定+文字サイズ変更なし

縮尺変更時に、文字サイズ変更 にチェックを入れないとどうなるか、それを次の画面で確認できます。

下図の左側が、「文字サイズ変更」にチェックを入れなかった場合です。
よくモルト、キッチン、玄関、寸法値など、拡大しないと見えなくなっていまっす。

これは、文字サイズも先ほどの 1/100 から 1/50 になっているため、小さくなってしまっています。
これを防ぐためには、「文字サイズ変更」にチェックを入れる必要があります。

図寸固定

図寸固定 という言葉は、Jw_cadの言葉で、詳しくはこちらのページで説明しているので確認してください。

では「図寸固定」にチェックを入れるとどうなるか見てみます。

見た目には、全く変わりません。
が、測定メニューで寸法値を図ってみます。

1.850m になりました。
もともと、 3.700m だったのに、1/50 で半分の寸法になってしまったのです。

実寸固定で変更すると、縮尺に比例して図の表示は2倍(1/2)になりますが、図の寸法は保たれます。

図寸固定では、1/100 を 1/50 にしても表示サイズが固定されるので、寸法値を測定すると1/2になります。

図寸固定はどのような時に使うのか?

寸法値などとは関係ない仕上表など、表示の大きさをそのままで縮尺を変えたいときに使います。
平面図を1/100の縮尺から、1/50に変更したい、けれども、せっかく書いた表はサイズ変更なしにそのまま使いたいなどというときに、レイヤを分けて使ったりします。

On Trend

Most Popular Stories

平米・帖・坪計算

建築の仕事をしていると、平米(㎡)から坪に変換したり、6帖の部屋を平米(㎡)になおしたり、しょっちゅう変換します。 自分は計算式をなかなか覚えれないので、計算チートのようなものを作って机のそばに張り付けています。 皆さん

範囲(選択範囲)

図形や文字の一部を選択して移動したり、削除したりすることが良くあります。この範囲の仕方にも、ちょっとしたコツがあります。このコツを覚え、使いこなすと作業が早くなっていくので、このワザも覚えておくことをお勧めします。

ファイルを開く

windows標準のエクスプローラーでファイルを開く方法。初期設定のままでは、jw_cad独自の画面になっているので、使い慣れた画面でファイルを開きたい人におすすめ。 設定 をクリック 基本設定 をクリック 一般(1)タ

線分の中点・2等分線

二等分線(にとうぶんせん)とは、2次元の幾何学において、線分や角度を二等分する直線のことである。wikipediaより

画面の拡大方法

マウスホイールでも画面の拡大縮小はできます。 ただし、細かな図面を書いていると、一部のみ大きくしたり小さくしたり、頻繁に操作をすることがあります。 その時にマウスホイールで拡大縮小していると、目的の部分から画面が離れて行

寸法線の引き方

Jw_cadでは、寸法線の引き方は全部で4種類あります。下図の個所を押すと、アイコンの形が変わります。 - = =(1) =(2) 目次1 -の引き方について2 =の引き方について3 =(1)の引き方について4 =(2)