室内照明

3Dアーキデザイナーでは、Optimage(オプティマージュ)でレンダリングする際に、「おまかせ光源設定」という設定を選ぶことができます。

手動で細かく設定した場合には特に使用しませんが、とりあえず外観パースを作成する!などというときに、とても便利な機能です。

表現したいシチュエーションによってどれを選ぶかの参考にしてください。

昼光色(色温度:6500K)

お任せ光源設定 > 昼光色(色温度:6500K)でレンダリングした結果は以下の画像です。

昼白色(色温度:5000K)

お任せ光源設定 > 昼白色(色温度:5000K)でレンダリングした結果は以下の画像です。

電球色(色温度:3500K)

お任せ光源設定 > 電球色(色温度:3500K)でレンダリングした結果は以下の画像です。

それぞれの照明比較図

縦に並べるとわかりやすいですね。

上から順に、昼光色(色温度:6500K)、昼白色(色温度:5000K)、電球色(色温度:3500K)となっています。