勾配天井と天窓

勾配天井と天窓の作り方。

といっても、3D Archi Designerでは、とても簡単に作成できます。
3DマイホームデザイナーPRO7 EXTRA PREMIUMじゃないと、こんなに簡単に作成できないので、上位版を購入するかどうかの分かれ目にもなります。

下位版では、勾配天井用の屋根を作成し、3階のダミー部屋を作成し、窓を配置する、という面倒な手間が生じます。

でも3DマイホームデザイナーPRO EX以上をお持ちの方は以下の手順で簡単に作成できるのです。

面倒な方の手順はこちら

勾配天井

  1. 間取り編集床/天井編集をクリック
  2. 天井タブ > 勾配天井をクリック

勾配天井をつけたい部屋で、ドラッグ&ドロップでサイズを決めます。

画面右側のプロパティで数値を入力し、細かく設定もできます。

これで完成です。これだけなのですが、下位版ではもっともっと手順が細かいのでかなり面倒です。

天窓

今作った勾配天井にそのまま天窓を設置します。

  1. 間取り編集のまま、設備/ドーマーをクリック
  2. 屋根設備配置タブ > 天窓をクリック
  3. 設置したい天窓を選び、配置
  4. 天窓プロパティでは、デフォルトで屋根・天窓開口は勾配に合わせるになっているので、基本はこのままでOK
設備/ドーマーというメニュー、わかりずらい。屋根設備/ドーマーとかに変えてくれると、探しやすいのですが。。。

立体化ボタンで確認すると、外観と部屋の中身を確認できます。

窓のサイズだけ変更しました。

ちなみに、窓のサイズを変更するときは、必ず間取り編集に戻ってから行います。

そうしないと、外観の屋根にすき間が生じます!