階段-箱型(蹴込板あり)

2階建て住宅の、階段箇所に収納を置かない、シンプルな階段の作成方法。

階段の設置方法は、「階段を配置」で説明しているので省略します。

すでに設置済みを階段を使って、画面内の階段プロパティを参考に作成していきます。

階段プロパティ

  1. 階段のデザイン:箱型/蹴込板ありをクリック
  2. 手すりバー:右につける
  3. 簡易設定をクリック
    1. 階段下左
    2. 階段下右
    3. 左側
      1. 厚み:100mm
      2. 上階まで
      3. 側桁左
    4. 幅木:無し
    5. 裏側:そのまま

2階の壁を削除・高さ修正

階段のプロパティを変更したら、2階に移動。

  1. 2階をクリック
  2. 吹き抜けの壁ができてるので、降り口の壁を削除
  3. 隣は天井まで壁があるので視界をよくするため、壁の高さ1200mmくらいに設定

立体化で2階の階段を確認

立体図で見てみると、全体はOKですね。

でも赤枠で示した部分が気になる。。。

3D Archi Designerで部屋を作成していくと、どうしても手作業で修正が必要なことが多々出てきます。

ポイントは、モデリング、または形状作成ツールバーを表示して調整・修正していきます。

もう一度立体化で2階階段を確認

今回は形状作成ツールバーを表示し、を使って作成しました。

テクスチャはスポイトツールで隣のテクスチャを再利用。

これでひとまず完成。

※形状作成ツールバーって?と思った方。別のところで説明します<(_ _)>