WordPressの最近の動向を知るために、まずはネットで情報収集。

ローカル環境の構築は何を使っている?

WordPressコーディングはどこか変わった?

・・・を調べるために、まずはLocal Web Serverから調べることに。

昔はXAMPPを使っていましたが、現在の主流はなんだろう?ということで日本のWEBサイトをサーフィンしてみました。・・・が、10年前にあまり変わらないような。。。

元々英語が苦手、ネットワークの事が全くわからない、お金がかかっても簡単がいい!ということで、もう少し詳しく調査をしました。

XAMMP

  • Webサーバ のApache、MariaDB(SQLデータベースサーバ)、PHP、Perlがオールインワンになっているパッケージ
  • 古くからある。Perl対応が売り。インストールが厄介だったが、bitnamiモジュールを使えばwordpressは簡単セットアップ可能。
  • ドメイン名設定するのにApatcheを触るのがイヤだった。(自分には難しいから)
  • 対応OSは、Windows、Linux、macOS、Solaris
  • ちなみに今日まで、mySQLからMariaDBに変わっていたことを知らなかった。。。
  • 外部サイト:XAMPP

MAMP

  • WebサーバーはApache 、Nginx
  • macユーザーは昔からこちらを利用していたはず。XAMMPよりも直観的に操作できたから。
  • 複数サイト運用には有料版を使う必要があるが、有料版を使えばほぼ何でもできる
  • 対応OSはmacOS、Windows
  • DBはmySQL。昔はWindows版なかったと思ってたんだが。。。
  • 外部サイト: MAMP

Instant WordPress

  • WebサーバーはApache
  • SFTPがついている
  • USBから実行できることが特徴
  • SSH対応
  • DBはMySQL
  • 日本語のサイトでは、使えない、動かないなどの記事が多数
  • 外部サイト: Instant WordPress

Local by Flywheel

  • WebサーバーはApache、NIGINX
  • 対応OSはmacOS、Windows
  • UIがクール。インストールにやや時間がかかるが、何も考えずにできる。超初心者(自分)向き。
  • macOS用しかなかったが、Windowsに対応した。
  • 2019/01/27時点で有料版が「間もなく開始」になっていた
  • SSH対応
  • DBはMySQL
  • 外部サイト: Local by Flywheel

Vagrant

  • Rubyで実装されており、海外のエンジニアにはよく知られている
  • 対応OSは、Windows、Mac OS X、Linux
  • ApacheとNIGINX、2つのサーバーを動かすことが可能
  • VirtualBoxやVMwareの仮想化を簡単にしてくれる
  • コマンド操作なので自分には絶対使えない。。。
  • 外部サイト: Vagrant

比較表

XAMPPMAMPInstant WordPressLocal by FlywheelVagrant
WordPress複数サイト管理可能
(面倒)
可能
(面倒)
可能
(面倒)
可能で簡単可能
ローカルWebサイトに
ドメイン名を設定
できるけど設定が必要
できるけど設定が必要
不明。可能できるけど自分には無理
セットアップと操作普通普通 簡単 簡単やったことがない
料金無料無料と有料があある無料無料無料
カテゴリー: WordPress

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です