ファイル階層の続き

WordPressでテンプレートを作成するとき、設計基本となるファイル階層の理解が必要です。

でも何度やっても理解しにくいトップページやカテゴリページ、ポストタイプなどを少しかみくだき、テンプレートごとに解説していきます。

フロントページ

  1. front-page.php –静的なフロントページを使用している場合、WordPressはまずこのテンプレートファイルを探し、それを使用してフロントページを表示します。
  2. home.php –静的フロントページを使用しており、テーマにfront-page.phpテンプレートがない場合、WordPressはhome.phpテンプレートを探します。また、ホームページにデフォルトのブログ投稿を表示するためにも使用されます。
  3. index.php – front-page.phpまたはhome.phpが存在しない場合、WordPressはindex.phpテンプレートを表示します。このテンプレートは、任意のページを表示するための、WordPressのデフォルトのフォールバックテンプレートです。

シングルページ

  1. single- {post-type}-{slug} .php –このテンプレートを使用して、任意の投稿タイプの特定の個々の投稿の表示を変更します。たとえば、投稿タイプが「book」で投稿スラッグがbook-appleの場合、WordPressはsingle-book-apple.phpを探します
  2. single- {post-type} .php – WordPressは、この特定の投稿タイプを表示するテンプレートがあるかどうかを確認します。たとえば、投稿タイプがbookの場合、WordPressはsingle-book.phpを探します
  3. single.php – シングル投稿ページを表示します
  4. singular.php –テーマにsingle.phpがないときにsingular.phpを表示します
  5. index.php –1.~4.のファイルがないとき、index.phpを表示します

固定ページ

  1. カスタムページ–ページに割り当てられたページテンプレートです。「カスタム投稿」とは別物です。外観デザインを少し他のページと変化をつけたい時などに使い分けるページ用のテンプレートです。
  2. page- {slug} .php –ページスラッグがcontact-usの場合、WordPressはpage-contact-us.phpを使用します
  3. page- {id} .php –ページIDが23の場合、WordPressはpage-17.phpという名前のテンプレートファイルを探します
  4. page.php –すべての静的ページを表示するテンプレートです
  5. singular.php –このテンプレートは、すべての単一投稿タイプのアイテムへのデフォルトのフォールバックです。
  6. index.php –1.~5.のファイルがないとき、index.phpを表示します

カテゴリページ

  1. category- {slug} .php –このテンプレートは、特定のカテゴリのアーカイブページを表示するために使用されます。たとえば、カテゴリスラッグがbookの場合、WordPressはcategory-book.phpテンプレートを探します。
  2. category- {id} .php – カテゴリIDを持つテンプレートを探します。たとえば、カテゴリIDが23の場合、WordPressはcategory-17.phpを探します
  3. category.php –カテゴリアーカイブページを表示するデフォルトのテンプレートですテーマにarchive.phpがなければ、category.phpを表示します。
  4. archive.php –アーカイブページを表示するために使用するデフォルトのテンプレートです。テーマにcategory.phpがなければ、archive.phpを表示します。
  5. index.php –1.~4.のファイルがないとき、index.phpを表示します

タグアーカイブページ

  1. tag- {slug} .php –タグのスラッグがbaseballの場合、WordPressはtag-baseball.phpを探します
  2. tag- {id} .php –タグのIDが23の場合、WordPressはtag-23.phpテンプレートを探します
  3. tag.php –タグアーカイブのデフォルトテンプレート。
  4. archive.php –あらゆるページのデフォルトのテンプレート。
  5. index.php –1.~4.のファイルがないとき、index.phpを表示します

タクソノミーページ

  1. taxonomy- {taxonomy}-{term} .phpbookと呼ばれるカスタム分類があり、「magazine」という用語がある場合、WordPressはtaxonomy-book-magazine.phpを探します
  2. taxonomy- {taxonomy} .php –分類がbookの場合、WordPressはtaxonomy-book.phpを探します
  3. taxonomy.php –カスタム分類アーカイブを表示するデフォルトのテンプレートです
  4. archive.php –アーカイブページのデフォルトのテンプレートです
  5. index.php –1.~4.のファイルがないとき、index.phpを表示します

カスタム投稿ページ

  1. archive- {post_type} .php –投稿タイプが「book」レビューの場合、WordPressはarchive-book.phpを探します
  2. archive.php –アーカイブページのデフォルトのテンプレートです
  3. index.php –1.~2.のファイルがないとき、index.phpを表示します

著者アーカイブページ

  1. author- {nicename} .php –著者のナイスネームがjackの場合、WordPressはauthor-jack.phpを探します
  2. author- {id} .php –作成者のユーザーIDが3の場合、WordPressはauthor-3.phpを探します
  3. author.php – WordPressで著者アーカイブページを表示するために使用されるデフォルトのテンプレートです
  4. archive.php –アーカイブページのデフォルトのテンプレートです
  5. index.php –1.~4.のファイルがないとき、index.phpを表示します

日付アーカイブページ

  1. date.php –日付ベースのアーカイブのデフォルトテンプレート。
  2. archive.php –アーカイブページのデフォルトのテンプレートです
  3. index.php –1.~2.のファイルがないとき、index.phpを表示します

検索ページ

  1. search.php – 検索結果を表示するデフォルトのページです
  2. searchform.php – 検索フォームを表示するためのテンプレートです
  1. index.php –1.~2.のファイルがないとき、index.phpを表示します

404エラーページ

  1. 404.php –404エラーページを表示するデフォルトのテンプレートです
  2. index.php –1.のファイルがないとき、index.phpを表示します

添付ページ

  1. MIME_type.php – Mime_typeはファイルタイプを表します。たとえば、image.phpvideo.phpapplication.phpです
  2. attachment.php –添付ページを表示するデフォルトのテンプレートです
  3. single-attachment.php – 単一の添付ファイルを表示します
  4. single.php –単一の投稿タイプのアイテムを表示するデフォルトのテンプレートです
  5. index.php –1.のファイルがないとき、index.phpを表示します

埋め込みファイルの表示ページ

  1. embed- {post-type}-{post_format} .php – WordPressはまず投稿タイプと投稿フォーマットテンプレートを探します。たとえば、videoreviewがある場合、WordPressはembed-review-video.phpを探します
  2. embed- {post-type} .php –投稿タイプがreviewの場合、WordPressはembed-review.phpを探します。
  3. embed.php –すべての埋め込みファイルを表示するデフォルトテンプレートです

ここにあるものは全部覚える必要はありません。

ファイル階層のPDFを理解するだけでも十分ですが、PDFを見て疑問に思った個所の手助けになればうれしいです。